埼玉県商工会連合会
文字サイズ
標準

トップページ > 特産品 > 小川和紙

小川和紙

小川和紙の紙漉が産業として栄えるようになったのは、江戸時代。小川を中心とする槻川流域の村々で楮の樹皮を原料とした紙が多量に漉かれ江戸府内の需要に応えていました。 中でも『細川紙』と称された紙は国の重要無形文化財の指定を受け、幾多の年月を経た今日においてもその製造技術が伝承されています。
現在小川町内では見学、紙漉体験ができる工房や紙、民芸品などを購入できる事業所が多数あり、時代の需要に応じた製造販売が続けられています。
工房の様子の画像
工房の様子
手透き和紙の画像
手透き和紙