埼玉県商工会連合会
文字サイズ
標準

トップページ > 商工会案内 > 小川町商工会

小川町商工会

地域の概況と沿革

 小川町は秩父連峰の裾野というべき、小高い山々に囲まれて、風向明媚な武蔵の小京都と称されている。古くから和紙、生絹、建具、酒などの産業が盛んであり、地方産業の中心として栄えてきた。近年はカメラ、時計当の精密産業と自動車部品製造当近代産業も進出し活況を呈している。本商工会の発足は古く、大正時代には既に設立され、商工業者の親睦と情報交換の場として利用されていた様である。戦後昭和22年に小川地方一円の経済団体として、社団法人小川商工会議所が設立され初代会頭に小菅英作氏が就任し活動を開始した。同時に工業クラブを発足させ、小川地方の工業の健全発達に寄与してきた。昭和35年10月商工会法に伴う商工会を設立、商業部、工業部、青年会議所を設け又青色申告会、法人会、労働基準協会、雇用主協議会等の事業で運営してきた。昭和40年商工会館兼中央公民館の完成と共に事務所を現在地に移転し、経営改善普及事業を中心として、地域商工業の健全発展に寄与すべく事業を展開している。

 プロフィール

住所:〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚33
TEL:0493-72-0280
FAX:0493-72-1004

周辺案内図

※地図はドラッグ操作でスクロールします。