埼玉県商工会連合会
文字サイズ
標準

トップページ > 特産品 > 毛呂山のゆず

毛呂山のゆず

毛呂山町は日本最古のゆずの産地といわれ、昭和のはじめに毛呂山の桂木地域(現在の滝ノ入地区周辺)で農園栽培が始まりました。香りが高く、表皮が厚くて艶があるのが特徴で、このゆずは「桂木ゆず」の銘柄で全国に知られるようになりました。
その後、阿諏訪、大谷木地区でも本格的に栽培を行うようになり、今では「毛呂山のゆず」として東京の市場でなどにも出荷され人気を得ています。
定番のゆず巻の他、ゆずジャム、ゆずうどん、ゆずワイン、ゆずまんじゅうなどの様々な加工食品が作られています。
毛呂山のゆずの画像
毛呂山のゆず