埼玉県商工会連合会
文字サイズ
標準

トップページ > 観光情報 > 塙保己一記念館

塙保己一記念館

塙保己一(1746-1821)は、延享三年(1746)5月5日、武蔵国児玉郡保木野村(現在、埼玉県本庄市児玉町)に生まれました。7歳の時に失明し、15歳で江戸に出て雨富検校の弟子になりました。その後、賀茂馬淵らのよき学者に指導を受け国学を研究し、寛政5年(1793)に幕府に願って和学講談所を設けました。また、全666冊にも及ぶ国書「群書類従」の編纂刊行者としても有名です。盲学でありながら国学者としての実業は、わが国の国学史上に大きく貢献しました。文政4年(1821)に総検校となり、9月12日に逝去しました。
総検校 塙保己一先生の画像
総検校 塙保己一先生

周辺案内図

※地図はドラッグ操作でスクロールします。