埼玉県商工会連合会
文字サイズ
標準

トップページ > 消費税 > 値札の価格表示はどうすればいいの?

値札の価格表示はどうすればいいの?

平成29年3月31日まで「総額表示義務」に特例が設けられます

消費者に対して商品・サービスを販売する場合(いわゆる小売段階)、あらかじめ価格を表示するときは、税込価格を表示しなければなりません。

   

消費税の総額表示義務の対象者

総額表示をおかなわなければならない事業者=消費者に対して商品やサービスを販売する課税事業者
※免税事業者は取引に課される消費税がありませんので、「税込価格」や「税抜価格」といった表示は、消費税のしくみ上、予定されていません。

総額表示の対象

(1)値札、商品陳列棚、店内展示等による価格の表示
(2)商品、容器または包装による価格の表示およびこれらに添付したものによる価格の表示
(3)チラシ、パンフレット、商品カタログ等による価格の表示
(4)ポスター、看板、ネオン・サイン、アドバルーン等による価格の表示
(5)新聞、雑誌その他の出版物、放送、映写または電光による価格の表示
(6)インターネット、電子メール等による価格の表示
※対象となる価格表示の例です



総額表示の対象_1
総額表示の対象_2

総額表示義務の特例のポイント

特例を適用すれば……(平成25年10月1日から可能です)


特例を適用すれば

税抜価格の表示方法

誤認防止のための表示

消費者が商品等を選択する際に、表示価格が税抜価格であることを明瞭に認識できる方法で行う必要があります。



    NGのケース
NGのケース


    個々の値札等で税抜価格を明示する例
個々の値札等で税抜価格を明示する例



店内における掲示等により一括して税抜価格であることを明示する例

(店内での表示の例)個々の値札等においては「○○○円」と税抜価格のみを表示し、別途、店内の消費者が商品などを選択する際に目につきやすい場所に、明瞭に、「当店の価格はすべて税抜表示となっています」といった表示を行う。


    旧税率に基づく価格表示のポイント    
旧税率に基づく価格表示のポイント

   

税込価格の表示方法

税込価格が見やすく、税抜価格が税込価格と誤認されることがないように表示します。


   明瞭に表示されているといえる例
明瞭に表示されているといえる例


   明瞭に表示されているとは言えない例
明瞭に表示されているとは言えない例
※個別の価格表示について、税込価格が明瞭に表示されているか否かは、消費者庁が平成25年9月10日に公表した「総額表示義務に関する消費税法の特例に係る不当景品類及び不当表示防止法の適用除外についての考え方」に基づき、個別に判断されます。

税込み価格の表示方法イラスト