熱中症を予防しましょう~ ~商工貯蓄・医療共済より~

2014/07/16

 埼玉県内では、昨年 3542人の方が熱中症で救急搬送され、不幸にも4人の方が亡くなっていました。特に梅雨が明けて急に暑くなるなど、体が暑さに慣れていない時期は熱中症にかかりやすくなりますので、気をつけましょう。

熱中症予防 つのポイント

①高齢者は上手にエアコンを!

②暑くなる日は要注意!!

☆高齢者の熱中症が増えており、屋内で熱中症にかかる方も多くなっています。

③水分をこまめに補給!

☆特に高齢者は汗をかきにくく、暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめな水分補給が大切です。

④「おかしい!?」と思ったら病院へ!!

⑤周りの人にも気配りを!

☆自分では熱中症の症状に気づかない事もありますので、周りの方が気を配りましょう


商工会員のための共済制度~3つの充実保障~

*商工貯蓄共済 *商工医療共済 *商工ガン共済

詳しくは、お近くの商工会へ!!


一覧へ