『鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業』について

市民が、市内の施行業者(市内に主たる事業所を有する業者に限ります)を利用して、
自己の居住する住宅リフォームを行う場合に、その経費の一部を補助します。

鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業
工事費が20万円以上(消費税別)で、市内施行業者が行う住宅改修工事
  • 市内に主たる事業所を有する業者に限ります
  • 造園・門扉・ブロック塀 等の外構工事や車庫・倉庫の設置など、エアコンの設置等の単なる備品設置工事は対象外です。
  • 工事がすでに着工されていたり完了しているものは対象になりません。
鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業
税抜き工事費の5%に相当する額で、10万円を限度額とし経費の一部を補助します。
  • 千円未満切り捨て。

鴻巣市木造住宅耐震診断 及び
耐震改修助成事業(補助制度)について

市民の方が居住している既存木造住宅の耐震化を図るため、市内における住宅の耐震診断および耐震改修工事を実施する場合、一定の要件に合致するものについては、その費用の一部を助成します。

鴻巣市木造住宅耐震診断
耐震診断助成事業

診断の対象となる住宅

  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を受け建築された戸建て住宅又は併用住宅(住居部分が2分の1以上)
  • 地上2階以上の在来軸組工法又は枠組壁工法により建築された住宅
  • 市内に本店又は営業所を開設している建築士(一級・二級・木造建築士)が行う耐震診断

診断の対象となる住宅

  • 市内に住所を有し、対象木造住宅を所有し、居住している者
  • 市税を滞納していない個人

助成金の額

  • 耐震診断に要した費用の2分の1以内(千円未満切捨て)とし、5万円を限度とする。
耐震改修助成事業
耐震改修助成事業

改修の対象となる住宅

  • 助成を受けて耐震診断を行った住宅であること
  • 耐震診断の上部構造の評定点が1.0未満であること
  • 耐震診断で地盤もしくは基礎が安全でないと診断されたもの

助成の対象となる耐震改修

  • 耐震診断を行った建築士が耐震補強設計及び耐震補強工事の監理を行う耐震改修
  • 市内に本店又は営業所を開設している業者が行う耐震改修

助成金の額

  • 耐震改修に要した費用の5分の1以内とし、20万円を限度とする。

介護とバリアフリーリフォーム
(住宅改修費支給事業)について

介護とバリアフリーリフォーム

介護保険の要介護認定で、要支援1・2、要介護1~5と認定された人が対象となり、要支援1・2の人は介護予防住宅改修費、要介護1~5の人は住宅改修費の支給を受けられます。
要介護状態区分(要介護度)にかかわらず、支給限度額を20万円として、住宅改修に要した費用の9割又は8割が、介護保険から支給されます。

どんな改修ができるの?

介護保険の給付の対象となる住宅改修は、次のように定められています。

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  4. 引き戸などへの扉の取り換えなど
  5. 洋式便器などへの便器の取り換え
  6. 1.~5.の改修にともなって必要となる工事

原則、工事に着手する前にケアマネージャーに相談して工事計画を立て、市に申請する必要があります。


各補助事業のお問合せ先

詳しい内容やご不明点・ご相談がございましたら、お気軽にお電話ください。

鴻巣市住宅リフォーム
資金補助事業

鴻巣市環境経済部産業振興課
商工労政担当まで

048-541-1321

鴻巣市木造住宅耐震診断
及び耐震改修助成事業

鴻巣市都市整備部建築課
建築指導担当まで

048-541-1321

介護とバリアフリー
リフォーム

鴻巣市
長寿いきがい課

048-541-1321